前のページに戻る

埼玉県在住の飯田と申します

飯田良夫_高雄校


  埼玉県在住の飯田と申します。現在64歳です。
  五年前に退職し、仕事を辞めると頭を使う事が少なくなるので、何か始めないといけないと考えていました。勤めていた会社は外資系の企業だったので、英語を使う機会が有り、簡単な英会話は出来ました。英語の勉強を続けるか、それとも絵の勉強でも始めようか。やはり語学の勉強は単語や文法等、いろいろな事を覚えようとする努力が必要になり、脳の活性化に良い影響があるはず。


「どうせ勉強するなら、世界の中で一番多くの人が使っている中国語を勉強すれば、旅行に行っても楽しいな。」


  旅行が大好きで、なかなか良い考えだ。そう考え、シェイシェイ、ニーハオ以外知らない状態で某通信教育から勉強を開始しました。三ヵ月やってみましたが、通信教育では何の効果もないため、自宅近くの外国語会話学校を探し、週一時間マンツーマンの教育を始めました。毎朝一時間程散歩するのが習慣なのですが、散歩に出るときは、授業中の録音で復習しながら散歩。家でも、毎日2,3時間自習。金曜日は中国語会話のクラブに参加。今まで、一生涯こんなに真面目に勉強したことがない程勉強しました。


  勉強を開始して三年半が経過した頃、「こんなに一生懸命勉強したのに、自分が納得できるレベルに至 っていないな。何か別の勉強方法を考えないと進歩しないな。」と考え、やっぱり現地に行って勉強するしかない、と思いました。日本で教えていただいていた先生が台湾高雄出身の方で、授業中に高雄は良い所で、美味しい物もたくさんある、高雄に帰りたいと言っていたので、観光がてら高雄に行って勉強してみようと決めました。まずは、学校探し。インターネットで自分の考える条件に合う学校をピックアップし、メールで可否の確認をしました。


  TLIは自分の条件にぴったりで、授業形態も融通性があることか
らTLIに決めました。マンツーマンの受講費用も日本と比べて各段に安く、自分の希望する時間に合わせてコース設定してくれました。
一回目は2014年10月半ばから11月初旬の三週間、平日午前2時間、午後1時間、計45時間学ばさせていただきました。先生方は大変親切に教えて下さり、三週間の教育が終わって、聞く力がかなり向上したと感じました。高雄の人は先生方は元より、ホテルの人、レストラン、お店の人、皆さん親切にしてくれました。


  一度で高雄が大好きになり、勉強の結果も満足できる結果が得られ、これは良い、また行こうと思いました。二度目は2015年3月初旬から一回目と同様に三週間45時間学ばせていただきました。やみくもに勉強を続けても良くないので、目標を設定して頑張ろうと思っていたら、2020年に東京オリンピックが開催されることが決まり、目標をオリンピック開催時にボランティアの中国語ガイドをすることにしました。


  2020年、私は69歳になっています。目標を達成するためには身体の健康、中国語のレベルの向上が必須条件となります。健康は第一ですが、これから五年の間に頑張って目標が達成できるレベルまで勉強していきたいと考えています。今回、家族同伴で高雄に来ました。(写真はその時に学校を訪問した際に撮影) 高雄に来た目的は、私が五年間中国語を勉強した成果を家族に見てもらうため、私がガイドし高雄を案内しました。


  中国語の勉強を始めて一年目に台北に家族で行ったのですが、その時に比べて各段に中国語が上手にな っていると家族は評価してくれました。(自分ではそう思っていませんが。)
学校にも寄らせていただき、ほんの僅かな時間でしたが、先生方との再会を楽しませていただきました。また今年の秋か、来年の三月に勉強に来たいと思っています。


  また高雄の皆さんとお会いできることを本当に楽しみにしています。ありがとうございました。




🔗Chinese Class Introduction

📧Any Question? Mail us:[email protected]

📞Feel free to contact TLI:+886-2-23678228

0 コメントする